LOADING

除菌力がアップした 新しいタイプの アルコール除菌スプレー

NEW

2015.9.9[WEDNESDAY]

ノロパンチ

商品イメージ

3つのチカラで除菌力アップ!

エタノールにクエン酸を配合し、pHを弱酸性にすることでエタノールの除菌効果を増強!!

イメージ
イメージ
イメージ

それにより、

今まで一般的な消毒液が効きにくかったノンエンベロープウイルスにも効果を発揮!

イメージ

ノンエンベロープウイルスとは!?

エンベロープは脂質、タンパク質からできている膜で、ノンエンベロープウイルスとはこの膜を持たないウイルスのこと。これらのウイルスはエンベロープを持つウイルスに比べ、一般的な消毒液が効きにくい傾向があります。

データが認めた除菌力!試験による検証データ

商品イメージ

詳しいデータはこちらから

ノロパンチはあらゆる生活シーンで活躍します!

シュッとひと吹き!
商品イメージ
これなら安心ね

ノロパンチは食品添加物のため、万が一口に入っても大丈夫。様々な場所で除菌ができます。

ご家庭はもちろん!

飲食店や学校・介護施設でも、安心してお使いいただけます!

そもそも
ウイルス性食中毒のこと知っていますか?

ウイルス性食中毒ってなに?

食中毒の原因を大きく分けると、細菌による細菌性食中毒、メタノールなどの化学物質による食中毒、フグ毒・カビ毒などの自然毒による食中毒及び、ウイルスによるウイルス性食中毒の4つに分類することができます。その中でもウイルス性食中毒は発生患者数が最も多く、年間で発生する食中毒患者数全体の約55%を占めています。潜伏期間(感染から発症までの時間)は24~48時間で、主な症状は吐き気、嘔吐、下痢、腹痛で、発熱はあったとしても軽度です。通常、これらの症状が1~2日続いた後、治癒し、後遺症もありません。また、感染しても発症しない場合や軽い風邪のような症状で治癒するケースもあります。

原因ウイルスの感染力は?

ウイルス性食中毒を引き起こすウイルスの感染力は極めて強く、感染者のふん便1g中には約1,000億個のウイルスが含まれており、そのうちわずか18個のウイルスで感染すると言われています。

Q. 発生時期はいつごろ?

A. 感染性胃腸炎は例年10月頃から増え始め、12、1月に流行のピークをむかえます。

Q. 患者数はどれぐらい?

A. 患者数が特に増えるのは12~1月頃。多い月で4,000~5,000人/月になり、年間で17,000人の患者数が発生した年も。

Q. どんなところで起きているの?

A. 発生場所の約7割は飲食店で最も多く、次いで旅館、弁当の仕出屋と続きます。食べ物に関する場所や人が多く集まるところにウイルスの危険が潜んでいます。

感染の原因・感染経路は?

1 カキなどの二枚貝を生、あるいは十分に加熱調理しないで食べて感染する。 2 家庭内で感染者を看病することでヒトからヒトへ感染する。 3 おう吐物やふん便などで汚れたトイレや食器、衣類などに触れ、手を介して口から体内に入り込んで感染する。 4 感染者のおう吐物やふん便が飛び散り、しぶきを吸い込んで感染する。 5 カーペットなどおう吐物の処理が不十分であり、乾燥し歩行などにより空中に舞い上がったウイルスを吸い込んで感染する。

感染を防ぐにはどうしたらいいの?

つまり、ウイルスを体内に入る前にウイルスを除去することが必要!

商品イメージ

詰め替え用も

[容量]400ml

商品イメージ

ノロパンチ

細菌・ウイルス対策に

NEW

2015.9.9[WED]